How to make hand-made Lava Lamp (日本語 Version)


以下に、私がどのように、Hand-Made LAVA lampを作ったかを
書いています。参考にしてください。

しかし、handmade LAVA lampに関しては、
私が、全くのオリジナルというわけではなく

http://www.oozinggoo.com/ll-form2.html

を参考にしました。ここを一度訪れるといいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------
LAVA ランプの作り方
-----------------------------------------------------------------------------

1. まず、ラバランプの透明な部分、ここはアルコールなのですが、
   ここには、イソプロパノール
    ( isopropanol (=isopropyl alcohol) (99%) )を使います。
   イソプロパノールっていうのは、たぶん、注射とかするときに
   棉に含ませて、腕とかを消毒するときに使う、すーっとする、あれです。
   
   lamp作成に関しては、比重が最も重要な役割を果たすので、
   濃度が重要です。

   90%程度のものが売っていればいいのですが、日本では、
   普通の薬局では70%程度のものしか売っていません。
   実はこれでは駄目です。

   いろんな薬局をまわって(作ったときには名古屋に住んでいたので、
   たしか名古屋の中日ビルの地下にある薬局で)ようやく買えました。

   これが、苦労した点の一つでもあります。

   一本500円ぐらいで、そのとき1本(500-750cc?,詳しい値は忘れました)
   しかありませんでしたので、理由を説明して、注文しました。
   それほど巨大なものを作らないのであれば、多分1本で足りると思います。
   
   多分、病院とかに下ろしているような、昔からの薬局にあるような気がします。

2. 次に、mineral oil (鉱油)を買います。
   私は、東急ハンズで、ミシン油を探して、その裏書に
   mineral oil (鉱油)と書いてあるものを買いました。

   これは想像ですが、mineral oil は、鉱物が溶け込んでいて、
   普通の油よりも比重が大きいのではないかと思っています
   これは重要で、温度が低いときには、油であるにもかかわらず
   アルコールより、重い状態でなければならないからです。

   いろいろ探せば、何か見付かるはずです。
   私、場合、mineral oil の色が、茶色だったので、
   これが、金色に光って見える元となっています。

   イソプロピルアルコールには溶けないが、mineral oilだけに溶ける
   着色料を用いれば、お好みの色のものが出来るはずです。

   上に挙げたホームページでは、クレヨンがいいのではないかと
   書いてありました。

3. lava lamp 用の瓶を買います。これも、東急ハンズで買いましたが、
   どこでも売っている蓋付の瓶を買えばいいと思います。
  
4. ソケット付の電球を購入します。
   古い家の部屋にぶら下がっている裸電球です。
   私は、引っ張るとスイッチの入り切りが出来るものを購入しました。
   ホームページの写真では右下の方にひもみたいなものが出ているのが
   それです。

   電球は、これは熱を発生させる目的もありますので、
   何ワットの電球にするかを決めないといけません。
   ワット数は、作成するランプのサイズに依存するので、
   これという値は言えませんが、私の場合、確か、60Wか100Wのもの
   を用いたと思います。あまり大きな値すると、熱を持ちすぎて
   危険です。ここは、注意が必要です。

5. つぎに、土台を決めます。私の場合は、コーヒーの缶を利用しました。
   木製とか、日曜大工で作ってもいいかなと思います。
   

6. 以上の

     ソケット、
     瓶、
     イソプロパノール(多分90%以上の濃度)、
     Mineral Oil
     土台

   が揃ったところで、
   イソプロパノール溶液をつくります。
   この濃度は、購入した鉱油の比重に依存しますので、
   一概には言えませんが、
  
   まず購入したイソプロパノールを水(水道水でOK)で薄め、
   約85%程度の濃度にします。
   これを容器に取り、鉱油を少し垂らしてみます。
   油の液滴ができますよね。これで、この液滴が沈めばまずはOKです。
   液滴はある程度大きなもので試してください。

   鉱油が沈まなかったら、買ったイソプロパノール溶液の原液に対して
   沈むことを確認してください。これで沈まなかったら、鉱油の選択が
   適当でないことを意味します。別な鉱油を買ってください。

   約85%程度の濃度のイソプロパノールに対して、沈んだとすると
   この液滴がぎりぎりそこから浮き上がるかどうかというぎりぎりの濃度まで
   薄めていきます。これは手間がかかる作業ですが、いちばん重要です。
   つまり、鉱油の比重とほとんど同じか、ほんの少しだけ、
   イソプロパノール溶液の比重が小さいように設定するのです。

   これが出来れば、後は、熱で液滴が膨張し、
   イソプロパノール溶液の比重と
   鉱油の比重が逆転するように、ランプを付けるだけです。

   私の場合買った鉱油から、少し白い物質が、  
   イソプロパノール溶液にとけだし、
   透明であるべき白くイソプロパノール溶液が濁ってしまったのですが、
   あきらめて数日か、1週間程度、放置していたら
   また透明になりました。

   その後はきれいに見えています。いい鉱油を買うのがポイントかも。

   最後に、この溶液と適切な量の鉱油を瓶に入れ、さらに、
   コイル状の針金をそこに沈めておきます。
   後は蓋をして、土台部を作成します。
   私の場合は、缶を利用したので、下の横の方に穴を開けて
   コンセントの出口を作成し、缶のそこに、電球を固定しました。

   以上です。
   後はスイッチONするだけです。
   部屋を暗くして眺めると最高です。

   それでは、頑張ってください。

たにぐち


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
How to make hand-made Lava Lamp (English Version) 
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

When I made my lava-lamp, I referred the home page in

http://www.oozinggoo.com/ll-form2.html

I think this is good guide to make lava lamp.
I am writing how to make a lava lamp according to my experience.

------------------------------------------------------------------------
1. 
   When I made my lava lamp, 
   I used an isopropanol (=isopropyl alcohol) (99%) 
   as a transparent host medium and a mineral oil 
   which I brought at a store. 

   The difficult point to make a lava-lamp is to control 
   a concentration of the mixture of the isopropanol and 
   pure water. 

   The density of the mixture should be a little bit 
   smaller than or the same with that of the mineral oil. 

   This is done by diluting the isopropanol solution by pure water.

   After heating the whole system by the actual lamp 
   which is located at the inside of a can, 
   the density of the mineral oil should be 
   a little bit bigger than that of the host medium.
   This control of the density is one of the important points.

2. 
   In my case, it took a time to find a drug store where
   I can buy a such a high percentage isopropanol (99%).

   Because drug stores in towns usually sell a diluted isopropanol solution 
   for sterilization, I had to find a special drug store. 

3. 
   I think the selection of mineral oil is also important.
   Some mineral oil contains various impurities,
   and the impurities sometimes can dissolve into 
   the isopropanol solution,
   which make the transperency of the solution worse !
   In such a case, we can not see the shape of the oil due to 
   the turbid solution.
   So, the selection of the oil is also important. 

4. The selection of the size and the shape of the bottle
   and the size of the can, in which the 100-Watt lamp will be located,
   are important.

   In my case, the bottle is 18 cm high, whose radius is about 10cm.
   The can is also the same size with the bottle.
   I enter the a coil made by, maybe, iron.
   
The above is what I did when I made my lava-lamp.

If you sucessfully make your lava lamp, 
It's my pleasure. 

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------